メリットについて

woman worry after read paper

男性が使用する避妊具、女性が使用する避妊具。これらを合わせると非常に多くの種類が世の中には存在しています。妊娠を望まないという場合にはこれらの避妊具を使用する必要がありますが、それぞれの避妊具によって使用方法、高価の持続時間、副作用などが変わってきます。
ここでは、女性が使用する避妊具の「避妊用フィルム」のメリットについて2つ紹介します。

・手軽に使用できる
女性が避妊するとなれば、一般的に低用量ピルや避妊パッチなどがあります。これらは安全に使用することができますが、継続的に使用しなければなりません。もちろん、性行為をしないときにも避妊をし続けなければなりません。
ただ、避妊用フィルムの場合には、性行為をするときだけ使用しますので手間がかかりません。
頻繁に性行為はしない、毎日避妊をするのは面倒というような女性に適しています。

・安心して使用できる
低用量ピルであればほとんど副作用はないと言われています。しかし、アフターピルという性行為を行なった後に服用するピルであれば非常に強い副作用があります。アフターピル、避妊パッチ、避妊リングというのは女性ホルモンが含まれていることによって、副作用が起きてしまいます。副作用には個人差がありますが、多くの人は1ヶ月程度継続します。ただ、避妊用フィルムであれば女性ホルモンは含まれておりませんので、副作用は一切ありません。
避妊をするために体調を崩したくない、健康を損なわれたくないという女性に適してます。

このように、避妊用フィルムには使用しやすい、安心して使用できるというメリットがあります。現在では日本で販売されていませんが、個人輸入代行を利用すれば手に入れることができます。