女性用避妊具

woman worry about her son

避妊具というと男性用のコンドームが一般的ですが、実は女性用の避妊具というのも存在しています。むしろ、女性用の避妊具のほうが種類は多いです。ここでは、一般的にどのような種類があるのか?紹介していきます。

女性用避妊具の中でもメジャーとなっているのは経口避妊薬です。毎日服用することで避妊効果を得ることが出来る低用量ピルや性行為後に服用するアフターピルなどが存在しています。婦人科や個人輸入で手に入れることができます。
また、避妊リングと呼ばれるものもあります。こちらは一度装着することで2~5年程度は高い避妊効果があると言われています。高い効果、長期間使用できるということで3~5万円程度かかります。また、定期的な検診も必要となります。
殺精子剤と呼ばれる絵種類にはゼリー、フィルム、錠剤などが存在しています。性行為をする前に使用することで避妊効果を得られます。しかし、上記2つに比べて避妊効果は高くありませんので併用してコンドームなどの避妊具を使用する必要があります。
殺精子剤の中でも避妊用フィルムというのは人気があります。というのも効果が1~3時間持続する、慣れれば簡単に装着できるということです。避妊用フィルムを装着していても性行為中に違和感も殆どないということから、男女ともに評判は高いです。

近年では、様々な避妊具が個人輸入で購入することが出来るようになっています。特に避妊用フィルムというのは日本では製造されていませんので個人輸入でしか手に入れることができません。個人輸入代行という代行サービスを行っているサイトを利用すれば、簡単に購入することができますので、試しに購入してみても良いでしょう。